トイレは埃が溜まりやすくカビが生えやすい場所なのでこまめにクリーニングする

トイレは埃が溜まりやすくカビが生えやすい場所なのでこまめにクリーニングする

トイレの汚れというと便器の内側を想像する人が多いと思いますが、それ以外にも汚れやすい場所はあります。例えば、便器の外側やタンク、給水ホースや便器と蓋の間の隙間。ここはすぐに埃がたまります。凸凹がない掃除しやすい便器やタンクレスタイプもありますが、そうでないタイプは特に気をつけたほうが良いです。また、水洗・狭い空間なので、たとえ換気扇をつけていても湿気が溜まりやすいため、カビ汚れがついてしまいがちです。壁や床もそうですし、トイレタンクの内部は水が常時あるためか、特に黒カビに要注意です。気をつけないとすぐに汚れがたまってしまう場所なので、こまめなクリーニングが必要です。今は、効率よく手短に掃除ができる便利グッズが販売されておりとても人気です。お掃除グッズを常時置いておいて、トイレを使うたびにちょこちょこと掃除をすれば汚れがたまることはないでしょう。いざとなったら、プロにクリーニングを依頼することもできます。

トイレクリーニングには適した道具選びが大切

トイレは自宅の中で最も汚れやすい場所であり、汚れを放置する時間が長くなるほど雑菌が増えたり、変色やニオイの原因につながります。家族が多いなど利用する回数が多いなら、清潔な環境を作るためにもこまめなトイレクリーニングを行うことが重要となります。ただ毎日掃除をするのは手間がかかると感じる方には、効率よくクリーニングを行うために適した道具選びを行うようにしましょう。従来は洗剤を便器に使用し、ブラシやスポンジで擦り洗いをするといった作業が必要でしたが、その工程を減らすためにクリーナーシートを活用する方法がおすすめです。 シートは大判で厚めなので、便器から蓋、壁に床掃除まで1枚あればしっかり拭き掃除を行うことができます。耐久性が高いのでしっかり拭いても破れてしまう心配がありませんし、エンボス加工がされているシートなどは汚れを吸着してくれる効果があるので効率よく綺麗にすることができます。また使用後はそのまま水に流すことができてゴミが出ず衛生的な部分も人気の理由です。

トイレクリーニングに関する情報サイト
トイレクリーニングサイトへGO

トイレのクリーニングは室内に飛び散った雑菌が悪臭の発生源であることを認識して初めて、正しい方法で実施できると言えます。便器だけを洗うのではなく、壁や床、天井にも目に見えない汚れがこびり付いていると認識し、隅々まで掃除を行うのが清潔にするための必須条件です。水を流すと目に見えない微小な水滴と共に雑菌も飛び散ります。悪臭を発生させないためにもこまめに掃除を行う他、なぜ不潔になるかを正しく認識することが衛生管理の重要なポイントです。

Search