トイレクリーニングに使用する洗剤は汚れの程度に合わせて使いわける

トイレクリーニングに使用する洗剤は汚れの程度に合わせて使いわける

トイレクリーニングは、便器や床のニオイや変色を防ぐためにも定期的に行うことが理想的だと言われていますが、汚れに応じて洗剤を使い分けているという方は非常に少ないです。 トイレクリーニングの基本は、汚れに合う洗剤を使うことで、便器や蓋、床に汚れが残ってしまうのを防ぐことができると言われています。掃除に使用するのは主に中性タイプと酸性タイプ、塩素系漂白剤の3種類のクリーナーを使用しますが、普段のお手入れや軽い汚れに対しては中性タイプを使用し、便座のフチなどに蓄積しやすい黄ばみや尿石を落としたい時には酸性タイプを使用します。そして傷がついて黒ずみやカビが生えてしまっているというケースには、塩素系漂白剤を使用すると綺麗に汚れを落とすことが可能です。 ただクリーナーの使い分けは掃除を効率よくすることができるメリットがありますが、酸性タイプと塩素系タイプを同時に使用してしまうと、塩素ガスが発生して大変危険なので取り扱いには十分に注意して使用することが大切です。

トイレクリーニングにあると便利なブラシについて

便器の内側は案外凸凹が多いので、汚れがつきやすいうえに掃除しにくいので、気を付けないとすぐに汚れてしまいます。日頃からこまめにクリーニングをして清潔を保つのが理想ですが、面倒なのも確かです。できるだけ効率よく掃除を済ませてしまいたいものです。昨今は、こうしたニーズに応えるように様々なトイレクリーニンググッズが販売されています。ブラシも同様です。例えば、便器の凸凹にフィットして汚れが簡単に落ちるように毛先が形作られているものがあります。それも、便器の縁裏に適したものやトイレの底に適したものなどあり、とても便利です。また、不衛生にならないように抗菌タイプもあれば、使い捨てタイプもあります。トイレにそのまま置いておいても違和感のないスタイリッシュなケース付のもの、棚に隠しておけるコンパクトサイズもあります。水はねしにくいものも衛生的で人気です。自分にあったブラシを使うと、トイレ掃除も苦にならずできそうですね。

トイレクリーニングに関する情報サイト
トイレクリーニングサイトへGO

トイレのクリーニングは室内に飛び散った雑菌が悪臭の発生源であることを認識して初めて、正しい方法で実施できると言えます。便器だけを洗うのではなく、壁や床、天井にも目に見えない汚れがこびり付いていると認識し、隅々まで掃除を行うのが清潔にするための必須条件です。水を流すと目に見えない微小な水滴と共に雑菌も飛び散ります。悪臭を発生させないためにもこまめに掃除を行う他、なぜ不潔になるかを正しく認識することが衛生管理の重要なポイントです。

Search